Blog

イベント報告 ~マラカス製作~

カテゴリー:
イベント

本日のMlsaBlogは、7月22日土曜日に行われた
親子イベント第1回≪Mlsaを体験しよう!≫の後半戦を
お伝えできればと思います。

 

イベント後半戦は、当園の保育主任による製作体験でした。

保育園で行う製作とは、自分で作る楽しさを知ることだけでなく、
想像力、創造力、意欲を養い、色々な素材に触れる経験や、
手先を使う経験を積み重ねることで、「できた」という達成感や
自信を育むことにつながっていきます。

今回の内容は『マラカス製作』です。

材料はどのご家庭にも身近にある物で作れるようになっています。
【材料・・・お米・マカロニ・ストロー・シール・ボトル容器】

材料の入った箱を各ご家族様に配布すると、材料をまじまじと
見つめるお子様の姿が見られました。

第一部は、月齢が小さなお子様ばかりでしたので、保護者様の手を
借りながら行っていきます。

最初は、R1などの小さめの容器に、好きな材料を入れていきます。
この材料をボトルの中に入れる作業に脳を刺激するための大切なポイントが
2つ隠されております。

 

まず1つ目の、【つまむ】指先を使うことは、

赤ちゃんにとってとても大切なことです。
しかし、指先の発達よりも手の平の発達の方が早いので、

複数のマカロニをつかむことは簡単ですが、

1コのマカロニをつまむのはとても難しいことです。

経験のない動作を行うことは脳への大きな刺激になります。

 

2つ目は、【集中する】赤ちゃんにとって細いマカロニを1コつまみ、

細い飲み口に落とすことは容易ではないことです。

途中で落とさないように試行錯誤を繰り返し、頭をフル回転させなければいけません。

参加者のみなさまもなるほど!とうなずきながら作業を進め、

手作りのマラカスが完成しました!

マラカスが出来上がったところで、、、

 

歌っておどろーう♪

 

先生のピアノ伴奏による、おもちゃのチャチャチャの音楽に
合わせてマラカスをフリフリ♪シャカシャカ♪

 

参加者の皆様も一緒に歌ったり、マラカスをお子様に持たせて
振ってみたり♪お子様の笑顔もたくさん溢れていました♪

 

Mlsa代田園では、子どもたちの「今ある姿」「興味を持っていること」
「季節」などを前提とした「ねらい」を持って取り組むことを大切にしています。

それから、一人ひとりの子どもの発達に応じた内容に出来るように気をつけています。
クラス全員で同じことをする中でも、手先がまだ発達していないような子どもがいれば、
その子には保育士がさりげなく付いて一緒にやっていく、といった工夫を行います。

 

年齢によって集中できる時間も違うので、状況に臨機応変に対応して、

製作の時間も長くしたり短くしたりします。

子ども達が頑張っている時には、しっかり誉めて自信につなげていき、

「またやりたい」という意欲が育つように心がけています。

保育士が手を出し過ぎずに、子どもが自分で

「もっとこうしたらどうだろう」と考えられる環境に配慮します。

 

 

たくさんの初体験が詰まっているマカロニ落とし。

何より、マカロニは口に入れても害がないというのも安心ですね。
気軽に始められるので、ぜひご家庭でもお試しください。

 

本日はここまで(^^)/

 

≪Mlsa代田園は、子育てに関するお役立ち情報や

イベント情報など、様々な内容をお届けしてまいります≫

https://www.facebook.com/pg/mlsa.nursery/

 

 

Share